RSS
Admin
Archives

LEC新宿エルタワー本校 公務員情報ブログ

新宿駅西口徒歩3分の公務員予備校、LEC新宿エルタワー本校の公務員情報ブログです。都内と関東圏の公務員試験情報をどんどんお届けします。

プロフィール

LEC新宿エルタワー本校

Author:LEC新宿エルタワー本校
~公務員受験生集まれ!~

公務員試験予備校、LEC新宿エルタワー本校の公務員情報ブログです。

合格者の勉強方法から最新の受験情報・面接対策まで、たくさんの情報をお送りしています。

★LEC新宿エルタワー本校★
〒163-1518
新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー(受付18階)

JR線新宿駅西口より徒歩3分。
西口地下街を直進(右手に小田急エース北館)、つきあたり(スバルビル)を右に曲がる。エスカレーターで2階エレベータホールへ。
B12-21エレベーターを利用。
電話番号:03-5325-6001

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログアクセス数
検索フォーム
リンク
自治体採用HPリンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.05
11


11:00
Category : 勉強方法
こんにちは(=゚ω゚)ノ

特別区Ⅰ類や、都庁IBを受験したみなさま、ひとまずお疲れ様でした!ヾ(・∀・)ノ

次の試験が6月になる方へ。
「燃え尽き症候群」に注意というお知らせです!

▼燃え尽き症候群とは…
第一志望の筆記試験まで、全力で筆記対策を行っていた結果、全てを出し切ってしまった状態のことを言う。
この状態にかかると、今までは1日中筆記対策をできていたのに、やろうと思っても、机でグダ~としてしまうという症状が続く。
そしてあっという間に、併願先の試験日が迫り、焦ることになる非常に深刻な病。

去年の今頃の私は見事にかかりました。ヾ(・∀・)ノ
特別区が終わったあと、いままでやるべきことに一直線だったのですが、何からはじめればいいか分からなくなるんです。
また、今までの学習スタイルがマンネリ化してしまった方へ。
特別区や都庁の試験が終わったあとにやるべきこと。

①新しい教科の学習をする
たとえば、地上A日程で出題がされる労働法の学習を始めるのも一つです。
私も、燃え尽き症候群を打開するために、労働法の授業を聞き、演習もしました。
新しい知識を勉強するので、今までの学習と違ってマンネリ化を防ぐことができました。

②クイックマスターの応用問題を解く
たとえば今まで、基本問題をメインに学習を進めていた方などは、地上A日程や国家一般職などは
教養試験と専門試験ともに難易度が高いものが出る自治体が多いです。
今まで、手をつける余裕がなかった方は、ぜひこの機会に始めましょう。

③6月からの併願先の過去問を解く
過去問を入手しましょう!クイックマスターの演習も進んでいるかと思います。
ただ、過去問を解いて、受験する自治体の問題に慣れることが大事です。
特に、経済原論の地上A日程の問題は「癖が強い」とよく聞きます。

④環境を変えて勉強する
今まで勉強していた場所とは違う場所で勉強してみるのもひとつの手です。
私はスーパー飽き性なので、1ヶ月ごとに勉強場所は変えていました。
大学の図書館派だったのですが、校舎を変えていました。
LECの自習室も、色んな校舎があるので、別校舎に行ってみるのもいいと思います。
また、お洒落なカフェに行ってみるのも、気分が上がるかもしれませんね!
ひとまず、5月7日の試験を乗り切った自分をほめてあげてください(=゚ω゚)ノ

~~机にも座れない・勉強ってなんだっけ?状態の方へ~~

⑤説明会やLECのホームルームにいく
モチベーションが下がった状態を少しでも上向きにするためです( ノД`)
勉強は出来ていないけど、「試験の対策をしている」気になれます。
そして、周りを見て、「ハッ、燃えついている場合じゃないのでは…!」という気分になるからです。

⑥もう、気が済むまでとりあえず勉強から離れる
これが長引きすぎるのはマズイのですが、5月の試験まで、1日中思いっきり遊ぶことを控えてた人は
この期間で、思いっきり1日中遊ぶ機会を作っても良いと思います。私も友人と遊びに行きました。
真面目な話、6月が終わると今度は面接対策になりますが、
面接の前に「人と話す」習慣を作っておくのが必要かと思います。(=゚ω゚)ノ

長々と書きましたが、「燃え尽き症候群」の症状はほんとに怖いです。
去年の私も、身をもって感じたので、打開策を書いてみました。
まだまだ、勉強期間が続きますが、どうか乗り切ってください(○´・Д・`)ノ☆応援してます!
スポンサーサイト
2017.04
10


11:00
Category : 勉強方法
みなさんこんにちは!○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○

アドバイザー業務には4月以降のブログ更新も含まれていたのです!!まだ終わらないよ。よろしくお願いします+゚。*(*´∀`*)*。゚+
さて、4月に入ったと思ったらもう10日も過ぎてしまいました。都庁特別区試験まであと少し・・・。「なんかもう…何やったらいいかわかんないよ~~。゚(゚´Д`゚)゚。」なんて思っている方もいるのではないでしょうか?

少ないとはいえまだ時間はあります!!1点でも2点でも伸ばせるところは効率的にのばしていきましょう!!
ということで今日は、「直前期にやっていたことについて書きます!!

知識系の詰め込み
やはり直前期でも点数が伸びるのは知識系だと思います!ただクイックマスター以外のことに自分で手を出すのはこわいので、HRを活用します。知識系のHR、積極的に参加しましょう!また、別途追加料金が掛かってしまいますが直前講習も活用しましょう。完成させたと思うけどなんとなく不安・・・な人はHR、あれもこれも終わってないーやばいーーー…な人は直前講習の受講をおすすめします
専記
あと一ヶ月弱…論点をあまりにたくさん増やすのは止めましょう専門記述は中途半端に覚えていても仕方のない試験です。気が済むまで論点を増やしたら、あとはそこから出題されるのを待つのみです!!私は80論点覚えて、「こんなにやったのに、そこから出してくれないなんてそんなとここっちから願い下げだ!!」とあとは割り切っていました。ただ覚えたのに書けない・・・という事態があっては成仏しきれないと思ったので、直前に書く練習はしておきました(*・`ω´・)ゞ難しい漢字も取り出して別に練習しておきました。(ちなみに私は本番「普遍」の「ヘン」の部分の漢字をど忘れし、何とか「普遍」というワードを出さずに本番書ききりました。かなり怪しい日本語になりましたが何とかなりましたね・・・本人談)
数的の過去問
直前期は都庁の過去問と都庁っぽい過去問しかやっていません!!同じ問題が出るかも知れません!解答暗記でも何でも構いませんから「同じのが出たら解ける」ようにしておきましょう。
☆寝る!
直前期、起きていたって不安が募るばかりです。「果報は寝て待て」とも言いますし、そわそわして無駄に起きているくらいならさっさと寝ましょう。そして本番を無事に迎えられるからだ作りをしておきましょう。それも実力です。寝ましょう。お休みなさい( ^ω^ )

以上、直前期にやれること特集でした!最後の最後まで、頑張ってください!((⊂(^ω^)⊃))

次回更新は4月17日です!!しばしお付き合いください!

2017.03
20


16:02
Category : 勉強方法
こんにちは(=゚ω゚)ノアドバイザーです!

自然科学の勉強といえば、特別区の受験生は各2問の8問、都庁は教養の足きりがあるなかの4問。
文系出身者がネックに思う科目で、どれくらい勉強するべきなのか悩む科目でもあります。

私の場合は第一志望が、特別区。
数的処理が大の苦手でした。毎日勉強しているものの、
本番しっかり得点できるか、不安しかありませんでした。
そのため、どうにか知識系科目を得点して、数的処理をカバーしようという気持ちがありました。

そこで私は、自然科学科目が合計8問出ることに注目しました。
「文系だから自然科学無理!」と思っている他の受験生と差をつけたかったというのもあります。
生物・地学・化学・物理 と4科目 受講してみた結果、物理だけは ちんぷんかんぷん だったので
捨て科目になりました。

そして、生物・地学・化学の3科目に関しては、「勉強時間をかけすぎない」ことをモットーに演習をすすめました。
あくまでもメインは、いっぱい出る数的や専門対策。またこの時期に点が伸ばせる時事です。

なので、勉強方法としては、主要科目の法律や経済科目に関しては、分からなかったときに解説を読み込んだりしますが
自然科学科目は、クイックマスターなどの問題演習をすすめて、分からなかったりしても解説は読み込みません。
「こういうものか~なるほどね!」くらいの気持ちでサクサクとページを進めました。
「知識問題」なので、暗記する作業だと思って割り切って学習しました。

学習時間も時間をとりすぎず、自然科学の中の1つの教科を1時間以上かけて学習することはなかったです。
(授業を聞く以外の時間で)
1日の中で他の主要科目の学習を終えたら、とりかかるようにしていました。

実際、自然科学科目で3点得点することができました。コスパが良かったと思っています。
「あと1点もぎとりたい」自然科学。どうしても一人で学習するのがキツイな~という方に、
今年も自然科学の直前講座があるようです!私も去年のゴールデンウィークに参加をしたので紹介します!

超直前!東京都・特別区自然科学最終完成講座

担当講師:岡田先生

実施日程:5月3日(水・祝)、4日(木・祝)

場所:新宿エルタワー本校

普段は水道橋本校にいらっしゃる岡田先生ですが、新宿エルタワー本校で開講します♪
岡田先生は、文系にも分かるように易しく解説してくださるので個人的にはおすすめです!
日程は超・直前期ですが、本試験前に自然科学科目を総おさらいしたかったり、
ぜんぜん勉強追いつかなかったけれど、1点でもいいから自然科学で得点したい!という方におすすめできます☆

では(=゚ω゚)ノ今度は大の苦手な経済原論・直前どうしたか記事を書くと思います!!!(おそらく)
2017.02
16


20:10
Category : 勉強方法
こんにちは(=゚ω゚)
すでに、花粉が飛んでる気がするのは気のせいでしょうか?
今年は去年より、飛散は少ないらしいのは朗報ですが、もう花粉レーダー(私調べ)は作動しています。
花粉症のみなさん今年もがんばろう!!!!!!!

というのはおいといて、本日話したいのは、
論文対策は面接対策にもなるかもしれない」という話です。

『社会的孤立』というキーワードを聞いて、今ピンと来ますか?
主に、高齢者に生じる社会とのつながりを失った状態のことを言うそうです。
(論文マスターの論文重要キーワードから抜粋)

確かに今の世のなかを考えてみると、「ご近所のつながり」が昔と比べて減ってきています。
都市型の生活が増えて、隣近所の顔も知らない状況が増えていますよね。
そんなときに、いざ大地震が起きたら、隣近所で助け合えますか?
隣に何人住んでいるかも知らなかったら、地域で安全確認もできないですよね。。。

⇒これは震災対策の論点です。

また、別の視点から社会的孤立をとらえると、

「ひとり暮らしの高齢者」が増えています。周りにもいらっしゃいませんか?
高齢化社会が進んで、高齢者の人数自体が増えていることも原因のひとつですが、
若い世代のライフスタイルが変わって、核家族が増えています。
そういったなかで、自分ひとりのときに倒れたらどうしよう、困ったときどうしよう。
と、近くに助け舟がなかったら、自分ひとりで暮らし、安心して、日常生活を送っていく環境は万全とはいえませんよね。

⇒これは高齢化社会対策の論点です。

また、もうひとつの視点から、社会的孤立をとらえると、
「団塊の世代」と呼ばれる世代の方々が続々と、定年を迎え仕事を退職したりします。
今まで、仕事を中心に生活を送っていた人にとっては、「会社のつながり」がなくなるわけです。
そこで、退職をしたあと「人とのつながり」が減ってしまいます。
まだまだ社会に貢献したいと思う、高齢者にはどのように対応していくべきでしょうか。

⇒これは、高齢化社会・教育・ボランティア などの論点です。


などひとつの社会的孤立というキーワードのなかに
現在の日本の社会で抱えている問題点がたくさん詰まっています。
そして、行政は、社会が抱えている課題をどうにかして解決しよう!と思っています。

なので、こうやって論文対策の一環で、課題を調べていくと、自分が関心があるキーワードがいくつかあるはずです。
論文も、人によって変わりますが、10テーマ以上用意することが多いので、その論点のなかから
志望動機につなげてみるといいのではないでしょうか(^-^)/

今回の、「社会的孤立」は基礎自治体らしいキーワードですが、
論文マスターに100のキーワードが載っています!!!
私はよく、「子育て支援」を志望動機にした、とお話していますが、論文対策をしているなかで
震災対策や高齢化社会対策も、面接で「他にやりたい仕事は?」と聞かれたときのために用意していきました。

志望動機をひとつつくるだけで、大変なのですが、
論文対策をしながら、少し考えてみるのもオススメです♪(/・ω・)/ ♪
志望動機の作成のお手伝いもブースで出来ますので、ぜひお立ち寄りください☆
2017.02
05


11:00
Category : 勉強方法
みなさんこんにちは!

昨年の手帳に毎日の勉強スケジュールが記録してあったので、今日はそのうち3月の第2週目のスケジュールを公開します!ちょうどわたしが専門記述の本格的な暗記を始めたころです!くどいようですが今年は一か月前倒しなので、今年の2月の第2週のスケジュールだと思ってください!ではではいきますよ~


3月7日(月)
8時~9時 数的
10時~15時 地上・国般択一第二回模試
15時~17時半 模試復習(教養のみ)
18時半~21時半 教養論文道場
合計11.5時間
模試の日は、自分へのご褒美でカフェでちょっと高めのドリンクを飲んでました!そのあとは論文道場頑張ります!

3月8日(火)
8時~9時半 数的処理
10時~12時 模試復習(専門)
14時~19時 専記
19時~20時 日本史
20時から21時半 時事
合計10時間
ちょっとさぼったってメモされてます。きっとだらだら勉強したのでしょう(笑)そういう日もあります(つω-`。)

3月9日(水)
7時半~9時半 数的処理
10時~13時 論文
14時半~17時 専記
18時~19時 行政法
19時~20時 思想
20時~21時 ミクロ
21時~22時 日本史
合計11.5時間
11時間越えると、よく頑張ったな~自分!!と思っていました。

3月10日
8時半~10時半 数的処理
10時半~11時半 論文
13時~16時 論文
16時半~18時半 専記
19時~19時半 模試復習
19時半~20時半 地理
22時~23時 地学
合計10.0時間
まあ頑張れた日。模試は早めに復習するよう心がけます。

3月11日(金)
8時半~10時 数的
10時~12時半 論文
12時半~13時 面接シート
15時~16時 リアル面接(分析編)
17時~18時半 論文
19時~21時半 数的HR
合計9.5時間
リアル面接分析編の空きが出たのをSNSで確認し、使ってみた日です。はじめて面接カードを書いてみました。

3月12日(土)
8時半~10時 数的
11時~12時 物理
12時半~14時半 時事
16時~18時半 専記
18時半~19時半 専門択一
19時半~20時 生物
21時~22時 生物
22時~23時 社会科学
合計10.5時間 
物理とか、ちょっとよくわかんないやつは朝頑張ります。

3月13日(日)
8時半~10時 数的
11時~12時半 専記
13時半~14時 専門記述
合計 3.5時間
夕方からサークルにいきました。「太ったね」って言われました。忘れません(^∇^)

以上、昨年の私の一週間のスケジュールでした!手帳のメモを写すだけという超手抜き記事でごめんなさい(笑)でも、これがリアルな勉強スケジュールです。参考になれば是非ヾ(o´∀`o)ノ