RSS
Admin
Archives

LEC新宿エルタワー本校 公務員情報ブログ

新宿駅西口徒歩3分の公務員予備校、LEC新宿エルタワー本校の公務員情報ブログです。都内と関東圏の公務員試験情報をどんどんお届けします。

プロフィール

LEC新宿エルタワー本校

Author:LEC新宿エルタワー本校
~公務員受験生集まれ!~

公務員試験予備校、LEC新宿エルタワー本校の公務員情報ブログです。

合格者の勉強方法から最新の受験情報・面接対策まで、たくさんの情報をお送りしています。

★LEC新宿エルタワー本校★
〒163-1518
新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー(受付18階)

JR線新宿駅西口より徒歩3分。
西口地下街を直進(右手に小田急エース北館)、つきあたり(スバルビル)を右に曲がる。エスカレーターで2階エレベータホールへ。
B12-21エレベーターを利用。
電話番号:03-5325-6001

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログアクセス数
検索フォーム
リンク
自治体採用HPリンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.03
31
Category : 日常
こんにちは
先日27日をもって、新宿の専属アドバイザーとしての業務が終わりました。
そして、本日をもって卒業させていただきます

簡単ではありますが、最後のご挨拶を書かせていただきます。
全般的に言いたいことは、全体のアドバイザーブログの方で書いているので省きますね笑 (こちら


こちらの新宿校のブログも読んでくださっていた方、半年間短い間ではありましたが、ありがとうございました。
相談に来てくれた方、ブログだけは読んでいた方、どちらの方々もなにか少しでも参考になることがあったなら幸いです。
こちらのブログは、公務員担当のスタッフさんが更新してくれますので、引き続きよろしくお願いします



そして、個人的なことにはなりますが、公務員として働く前にアドバイザーを経験できて本当に良かったと思っています。
非常に多くの方とお話でき、それぞれ悩んでいることや不安なことを聞いて…私のアドバイスがどこまでみなさんの役に立っているのかは正直わからないです。
ただ、最後の日に顔なじみの受講生たちが来てくれたので信頼してもらえたのかなと思うと頑張ってきて良かった、と感じています。

新宿エルタワーには、受講生として友人と勉強してきた思い出がたくさんありますが、アドバイザーとして尾島さんやスタッフの方、先生たちと一緒に受講生のことを考えて働いてきたことも非常に感慨深いです。
そんな良い校舎の一員でいられたことが嬉しいです。


公務員試験に合格したら、ぜひ新宿校のアドバイザーになってください笑



そして、受講生はこれからがさらに追い込み時期ですね

受験といえばということで、先日湯島天神に行ってきましたよ

絵馬初めて書いたんですが、お願いごとは言い切るのが良いらしいです!
渾身の願いを込めてきましたよー!!

私がブログを更新するのは最後になりますが、みなさんのことはこれからも応援しています!
なんとか乗り切って、輝かしい未来を切り開いてください!!



それでは、今まで本当にありがとうございました(∞ ❛ั ⊝❛ั )

絵馬
スポンサーサイト
2015.03
27
Category : ホームルーム
合格者スタッフの大竹です。


昨日行われたTED7ヶ条面接対策エクササイズ編のレポートです

あと、多分これが最後の更新になります。
明日までいますが土曜日&月末ということで業務過多でブログを書いている暇がない可能性があります。

書けたら書きますが、とりあえずはいままでお世話になりました。

さて、我らが齋藤講師のHRの様子です↓

TED7ヶ条エクササイズ編 


※内容は2月に行われたものと同じです

齋藤先生の白熱の授業を真剣に聞き入る受験生のみなさん。

今回の参加人数は定員ギリギリの40名!!

かなりアクティブな講義が展開されていたようでみなさん積極的に発言をされていたようです。

また、グループに分かれて面接もやりました!(写真はなし。。)



予備校を使うメリットってたぶんこういう人と人とのつながりが得られるところにあるんだと思います。

お互い切磋琢磨して、勉強したり、面接しあったり。

一人で勉強をしていた私からするとこのHRに参加できた人たちはとてもうらやましいです!

ぜひ、参加された方は今回出会った人を大切にして試験に望んでください。



私もあと4日後には「職員」です。

アドバイザーという立場ではありませんが、

公務員予備校の受付スタッフとして皆さんと様々なお話しができて良かったと思います。

ぜひ頑張って合格を勝ち取ってください!!

ということで4月HRの告知を最後にします。




「TED7ヶ条面接対策基本編」

講師:齋藤先生

4月23日(木)19:00~21:00

今回は座学形式です。予約は必要ありません。ふるってご参加下さい!



2015.03
25
Category : イベント情報
こんにちは

他のアドバイザーがどんどん業務を終了していて寂しいです。。。
今月は新宿にもいろんな合格先のアドバイザーが来てくれましたが、聞きたいことは聞けましたか??

先日3月20日に行った「大相談会」では多くの方が来てくださり、みなさん多くのアドバイザーを回ってしっかり情報収集されているな、という印象でした

また、23日に都庁イベントが新宿で実施され、アドバイザーと相談できるのがほぼ最後になってきました。



そして!

新宿エルタワー本校専属アドバイザーも3月27日(金)が最終日となります!!

15:30〜18:30までの時間内に座談会形式で相談可能です

20日の大相談会と同じような形式ですので、時間内であれば何時に来ていただいても大丈夫です!


聞き残したことはないですか?
さよなら新宿アドバイザー! “最後の”大相談会!!


3/27(金)15:30~18:30(途中入退場可)
@新宿エルタワー本校


これが、本試験前にアドバイザーと話せるラストチャンスです!!
これまでアドバイザーを使ったことがないという人も、最後の機会なので、様子を覗いてみてください。
2016年試験を目指している方も大歓迎です!!



また、合格者スタッフとして、ブログでもちょこちょこ登場している、大竹さんもこの日おりますので、お話聞きたい方はぜひ受付にてお声がけください!

大竹さんは28日が最終日になるので、市役所のことでわからないことがあれば、今のうちに聞いておくといいですよ
(自己紹介はこちらをご覧ください)

それでは、みなさんのお越しをお待ちしております
(最後だからって、お菓子の差し入れはなくてもいいですからね?笑)
2015.03
24
こんにちは。


最近の相談で多かったものの中からいくつか、記事を書こうと思います!

今回は県庁や政令市など地方上級試験の二次試験などでよく課される集団討論についてです。

そもそも集団討論ってどんなものなのでしょうか??
試験の要項には、「集団討論」や「グループディスカッション」と書かれていることが多いです。

討論やディスカッションと聞くと。。。
意見を出し合って、バチバチ討論して、自分の意見を通さないと勝てない!?

と思う人がいるかもしれませんが、(かなり極端に書きましたが)
そんなことは一切ありません!!

むしろ、私が実際受験したときや練習していたときも、基本的に意見を交わしはしますが、
そのいろいろな人の意見を、うまーくまとめていく作業だと考えていました。



受験する自治体によって人数は異なりますが、6~10人ほどの人数で1つのグループになり、与えられたテーマについて話し合います。
話し合った内容について、代表者が発表する、全員が1人ずつ発表する、発表はない場合などがあります。

民間経験があり、仕事をしている人はなんとなく雰囲気がわかると思うので、あまり心配しなくて大丈夫です。

そして、新卒の方で今まで全くしたことない方に向けて、最低限のことを書きますね

1.まずは、役割分担!
司会、タイムキーパーは必須です!!

司会をしなくては受からないのか、というとそういうわけでもありません。
無理になれないことをするのはかえってよくないかもしれないです。
ただ、誰もやらなそうな場合で、できそうかなという時はぜひやってみてください。

司会に比べるとタイムキーパーはしやすいかもしれませんね!
ただ、時間を気にしすぎて、自分の意見を言う回数が減ってしまうのは、よくありません。


あれ?この2つでいいの??と思ったあなたへ

「書記」に関しても、私個人の意見としては、役割分担するべきだと思います!
ただ、公務員試験の集団討論を練習する中で、書記はいてもいなくてもどっちでも大丈夫でした。
民間就活の際は、割と必須だと思いますが。。。


2.自分の意見はしっかり発言する!
元気にハキハキと発言しましょー!!試験官はグループの周りにいて、発言する人の言葉を聞いています。
その際に、角度によっては声しか聞こえないこともあるかもしれません。
しかし、ハキハキしていれば、良い印象間違いなしです!


3.メモをとりすぎない!
これは意外とやりがちです!絶対注意してほしいです。
つい、他の人の意見を聞き逃さないようにするために、メモすることに集中してしまいがちです。
しかし、下を向いたままでいるのは、あまり良くないです。
むしろ、「ちゃんと意見を聞いています!」というように相手の顔をみて相槌を打つなどしている方が、よい印象です。


4.他の人の意見を論破しようとしない!
基本的には、協調性をみているのかなー考えています。
最初に書きましたが、公務員試験の場合、自分の意見を押し通すよりも譲歩して意見を合わせていくことに重点が置かれているような気がします。


5.政策オタクにならない!
政策について、よーく勉強されている方に起こりがちなのですが、どこかの自治体で取り組んでいる政策を例に出して話をするのは良いことです。しかし、政策の話ばかり出しすぎて、自分の意見は??とならないように注意しましょう。
また、うろ覚えなものは言わない方が良いです。具体的にどういうものかを他の人から説明を求められて、言葉に詰まってしまってはマイナスです。


とても簡単にではありますが、注意すべきことは以上です
これらに気をつけて、取り組んでみましょー

練習をした方がいいか、という相談も受けるのですが、機会があれば2~3回くらいはしておくのをオススメします。
担任ホームルームでも実施されていますし、もう少し時期が近くなれば講座もあります。
また、受講生を何人か集めて、自分たちで練習することもできます。


私はこれらを活用して、本番の集団討論までに3回ほど練習しました。
そのおかげで、本番では周りを見ながら意見を出せたかなと思っています。

ぜひ、自信をつけるためにも練習して、本番に臨んでください!
2015.03
22
こんにちは、。

先日は、合格者アドバイザーの大相談会があり、多くの受講生の方に来て頂き、とても嬉しかったです。
自分は明日の「都庁志望者向け アドバイザーイベント」には予定が合わず参加出来ないので、イベントとしては大相談会が最後となりました。皆さんありがとうございました!

今回は簡単に「民間就活との両立について」という内容で書かせていただこうと思います。


先に言っておくと、自分は説明会やESを出したくらいで、しっかりと面接まで受けていません。
なので、あくまで公務員試験を本命とした上で、民間就活も、という方に向けて書きます。

まず、個人的には民間就活もしておいた方が無難なのではと考えています。
なぜかといえば、

①例年なら、練習感覚で受けることが出来た、国大法人の日程が後ろ倒しになったため、公務員一本の人が本番の面接を体験出来る機会が少なくなってしまったため
自分の志望理由をより確かなものにするため
③保険
④面接シートの磨き上げ

の3点から、勉強面で多少余裕がある、面接が凄く不安、どこかしら必ず受かっておきたい、
というような方はぜひ民間も見てみることもありだと思います。

特に、一度本番の面接で緊張感を味わっていれば、本命の面接の際も、他の受験生に比べて落ち着いて面接に臨むことが出来るというメリットがあります。

また、自分の経験からも、「なぜ公務員なのか?なぜ国or地方なのか?他では出来ないことなのか?」といった定番の質問にも、しっかりと自分の目で民間も見ておくことで、しっかりと自分の意見で違いを説明できるようになると思います。

その上で気をつけて欲しいことは、
・あくまで本命は公務員なので、あまり熱を入れすぎないこと
業界を絞って、受けても10社程度に収めること
・筆記の勉強とのバランスを意識すること

民間就活の怖いところは、やり始めると意外と楽しくどんどん深みにはまって公務員試験の勉強がおろそかになってしまうところです。
実際に民間は練習と言っていた友人の中に、途中から民間が本命になっていた人もいたので、そこは注意してください。
また、保険のつもり、と考えていても、なかなか一社も受からず大手から中小までどんどん受けてしまい、肝心の公務員試験の勉強がおろそかになってしまった人もいます。


しっかり自分の中で線引きをし、

自分の志望分野・志望先と関係のある企業や業界を意識して就活をしてみる

のが良いと思います。


簡単にということで、本当に短く終わってしまいましたが、何事もバランスを取りながら自分を見失わないようにしていれば、それほど公務員試験の邪魔にはなりません。
余裕がある人や、不安な方は少し検討してみてください。


今回の記事は以上です。ありがとうございました!



2015.03
20
新宿で働くのも後少しです。
スタッフの大竹です。

私の記事は結構長いという話しもありますので、少し軽く書いてみようかと思います。
あと、この記事は私の体験をもとに書いています。
当てはまらない場合もありますのでご了承ください。
暇つぶしにでも。


さて、
この前内定先市役所の事前研修に行ってまいりました。
あまり詳しい内容は書いてはいけないのでしょうが
専門職含めて80人超の内定者が顔合わせしました。

私は今年28歳
どうせ新卒の人達が多くて浮いてしまうんだろうなとか考えながら
おそるおそる参加しました。
ビビリなので笑

実際のところ、
具体的には数えていないのですが
新卒の人の方が明らかに少なかったです。



これは研修の前に「社会人経験がある人ー」ということで挙手を求められたときに
私は後ろの方の席に座っていたのですがザザザッと半数以上の手が挙がりました。

ビビリ損です。

同期は新卒から40歳超の方まで(一部専門職は年齢用件が高いのです)幅広く、
結婚されていたり子供がいますなんて人ももちろんいます。


なんでこんな話しをしたかというと、
このブログをどんなワードで検索してきたのかこないだ調べたら
ある言葉で検索してきた人がわりといらっしゃるようです。


「既卒高齢」

少しいやな言葉のひびきですよね。
某掲示板とかでもと専門のスレがたっているように公務員受験生注目のワードです。

私は前、他の予備校に入会していたのですが、スタッフの人から
「年齢用件は30歳までってなっているけど大体25歳ぐらいじゃないと受からないよ」
といわれてショックだったことを思い出しました。

大嘘つきです。

あの時、あの人の言葉を信じていたら別の人生を歩んでいたでしょう。
疑い深いので信じなかった自分のひねくれた性格に感謝ですね笑


なので「既卒高齢で年齢用件ギリギリだけど受かるかな」
と心配でこの記事にたどり着いた方は安心して下さい。

受かる可能性は全然あります!

自治体にもよるのでしょうが、自分の受けたい役所の動向は人事の説明会などに参加して
質問すると結構答えてくれます。そういった方法で情報収集をすることをオススメします。

埼玉県ならこれに参加するのが一番手っ取り早いです。
http://www.hitozukuri.or.jp/navi/event/

実施は7月とまだまだ先ですが興味がある方は是非行ってみて下さい。

それでは今日はこれくらいで。
2015.03
19
Category : 自治体情報
こんにちは

下記のテーマ・日時で環境省主催の採用イベントが実施されるようです。
参加するためには、マイページからの登録が必要になるようなので、ご確認ください!!

詳細です↓↓


◆環境省JOBトーク特別編
「民間企業を経験した職員が率直に語る霞ヶ関の役割と魅力」 


日 時: 
3月20日(金)17:30~19:00

場 所: 
環境省第1会議室(環境省22階) 

概 要: 
民間企業の経験のある2人の職員が自身の現在の仕事やこれまでの経験について熱く語るとともに、それぞれの経験を踏まえて霞ヶ関の役割や魅力についてもざっくばらんにお話します。就活シーズンを迎えた皆さんの質問・相談にも率直にお答えし、皆さんの悩みや不安も解消できればと思います!

参加登録:
マイページ( https://job.axol.jp/16/s/env/mypage/login )からご登録下さい



◆環境省JOBトーク
「まだ環境省の説明をしっかり聞いたことのない方向け」


日 時: 
3月25日(水)17:30~18:30

場 所: 
環境省第1会議室(環境省22階)

概 要: 
まだ環境省の説明をしっかり聞いたことのない方向けに、環境省の概要や全体像をお話します。少人数ですので、質問・疑問にもしっかりお答えできると思います。

参加登録: 
マイページ( https://job.axol.jp/16/s/env/mypage/login )からご登録下さい。


官庁訪問前に、職員の方のお話が聞ける貴重な機会だと思います。
環境省に関心がある方は、ぜひご参加ください!!!
2015.03
18
こんにちは!

実はですね。今日がエルタワーでの相談業務最後の日です。いままでお世話になりました!

何か応援メッセージ的な記事を書いてもいいんですが・・・去年の僕は応援メッセージ記事より勉強の記事のほうが好きだったので、勉強のこと書きます。


今日触れるのは、試験最直前に勉強すべき科目についてです。

いま僕がこの記事を書いているのは3月18日なので、5月末~6月頭ごろの試験開幕まで残り時間は2ヶ月半くらいです。

この残り少ない時間で、重点的に勉強したほうがいい科目は何なんでしょうか?



僕は、最直前期に重視すべき科目は暗記物だと思います。理由は覚えれば即座に得点につながるからです。
一方、数的処理や経済学など伸びるのに時間がかかる科目はいまから重視しても、あんまり意味がないような気がします。
なぜかというと、伸びるのに時間がかかる科目は、得点につながるまでに時間がかかるからです。
もしかしたら、短期間やったら伸びるって人もいるかもしれませんが、確実性がないです。

以上のことから、最直前期には暗記物を重視しておいて、数的処理や経済学は感覚を忘れない程度に一日数問(例えば数的なら数的推理、判断推理、資料解釈、図形から1問ずつで計4問とか)くらいやっておくのが無難だと思います



次に、暗記物の中でも何を重視すべきか?という疑問について話します。

これは、自分の志望試験種で大事な科目を重視すべき、ということになります。

一応、本社のブログのほうに書いた記事で暗記物の中で何を重視すべきか?については触れてきました。なので、今回は過去に書いた記事をみながら、教養、専門、時事それぞれの暗記物について分析していきます。



1、教養択一
教養択一の中で暗記物というと、一般知識科目がそうです。人文科学、自然科学、社会科学あたりですね。(時事はあとで)
さて、これらの科目の中で重視すべき科目はなんでしょうか。

僕は、この疑問を考える上で考慮すべき基準は二つあると考えます。

①志望先試験種での科目の難易度
②志望試験種での頻出度及び出題数

①については簡単であればあるほど良いです。ちょっとやれば伸びるってことだし、本番でも得点できる可能性が高いからです。
②については、頻出度が高く出題数が多いものが良いです。

正直、①②とも各試験ごとに違うのでなんとも一般論って言うのは言いがたいんですが・・・①②の基準を参考に科目の優先度を分析していきます。



おそらく、簡単で、尚且つ頻出度が高い科目ってことで筆頭に上がるのは生物と地学です。
生物と地学は前提知識が無くても出来る科目で、尚且つ都庁、特別区、国家等主要な試験種で出題されています。オススメです。

次点にくるのは化学と地理辺りかと思います。
化学には計算が含まれますが、多くの分野が暗記物で構成されています。地理もほぼ全部暗記です。また、出題頻度も高いです。
ただし、範囲が広かったり難しかったりするので生物と地学ほど優先度は高くないと思います。

その次くらいに日本史と世界史が来ると思います。
歴史は暗記物で、前提知識はあんまり要りません、ただし、範囲がとても広いです。そのため難易度は中程度かと思います。
また、出題頻度に関してはほとんどの試験で出題されています。特に地上とかではいっぱい出たりします。しかし、都庁では日本史+世界史の中から一問しか出題されなかったり、裁判所では世界史が鬼のように難しかったり・・・志望先によっては何を重視するかが大きく変わってくるところでしょう。都庁で出題される歴史に関してはこの記事もよかったらみてみてください。

その次に、思想が来ると思います。
思想は難易度がとても低いです。暗記だけだし、範囲もすごく狭いからです。ただし、出題頻度が低いと思います。簡単なのでやっておいて得な科目なのは間違いありません。志望試験種での出題頻度を調べて、使えそうだったらぜひやってみてください。

最後に優先度最低なのが物理と文芸かなと思います。
物理は出題頻度が高いですが、すごく難しいです。文芸は暗記物ではあるのですが、範囲が広く、また出題頻度が低いです。やるにしても、簡単な分野や、他の科目(例えば文芸なら日本史世界史と被るところがある)と被るところをやっておくとかっていうほうがオススメです。


まぁ、こんなところでしょうか・・・さっきも言いましたが、試験種ごとに全然出題が違うので、自分の志望する試験種について調べながら参考にしてください。受験ジャーナルとかで、出題数や難易度はわかります。

また、社会科学に関しては序列に入れていません。専門択一をやってある人だと大体の分野がカバーできているからです。専門択一をやってある人はそんなに量はないですが、社会科学独自の分野を重点的に攻略してください。社会科学独自の分野に関してはこの辺に書きました。よかったらあわせて参考にしてください。
もし、専門択一をやっていないのであれば、たぶん化学と地理の次くらいに優先かなって気がします。


2、専門択一
専門択一科目の中で暗記物にあたるのは学系科目です。この点についての僕の意見は、本社のブログのほうでかなり詳しく書いたのでコチラをみて下さい。


3、時事
次に時事に関してです。時事も性質的には完全なる暗記物ですね。

時事に関しても受験する試験種ごとに大事さが全然違ってくるのですが、6月7日に都庁・特別区を受ける人は出題数が多いので優先度はかなり高くなってくるでしょう。

いまからやるのであれば、かなりオススメの科目です。対策の仕方は市販の参考書かLECの時事白書ダイジェストを覚えるのと、模試を利用してアウトプットしていくっていうのがメインになるかなと思います。





まぁ、今日はこんなところでしょうか・・・
教養択一と専門択一と時事、どれを優先するか?については志望試験種の出題数、難易度、教養と専門の配点比率とかを参考にしてみてください。


今日はこれでおしまいです。

ついでに、僕が新宿で書く記事もこれでおしまいです。
いやー・・・受講生だったころも含めて、もう2年9ヶ月新宿校に通っているのですが・・・感慨深いですね。

僕は四月から働き始めることになるのですが、皆さんを応援する気持ちには変化はありません。

ぜひ、これから二ヶ月半全身全霊をもって勉強してください!!僕も全身全霊応援します!!

2015.03
17
Category : 東京都庁
こんにちは、

今日は僭越ながら、東京都I類A専門試験科目『公共政策』の勉強法について
記載させていただこうと思います。

公共政策のお話をする前に、まず、東京都I類Aの専門試験概要を説明すると
東京都I類Aの専門試験は記述試験で、
5題(公法、民事法、経済原論、公共政策、財政学)のうちから1題を選択し、
2時間半で解答する試験です。

解答用紙は1000字程度記入できるものが6枚配られます。
もちろん、6枚全てを埋めるのが理想なのですが、
私は先生に『3枚書ききって、4枚目に突入してれば、文字数による足きりはない!!』
といわれたので、それを信じて、なんとか4枚目まで書ききりました。

東京都I類Aの専門試験は高度な専門性が求められるので、
公法、民事法はロースクール生や法律系の大学院生でないと歯が立たないと言われていますし、
経済もI類Bの専門記述の知識程度では到底書ききれない問題になっています。

そこで、私のような学部卒生の多くが選択するのは、『公共政策』です。

本来であれば公共政策学も、公共政策大学
院で学ばれている科目なので、
決して簡単な科目ではないのですが、
IAの試験に関してのみいえば、他教科に比べて書きやすいものとなっています。

で、肝心な対策方法なのですが、
公共政策は公務員試験のメジャーな科目ではないので、
体系的な知識を入れることを目的とした、予備校の講義や参考書はありません。
昨年の合格者の中には、『対策のしようがなかったから、特に対策しなかった』
という人もいたくらいです。

そんな中で私の対策方法は、、、

①全ての過去問に目を通し、今の実力でどの程度書けるか、
それぞれの解答を想像してみる。
そして、全く歯が立たないことを思い知り、焦る。


※IAの専門試験の過去問は、こちらのHPでどなたかが公開してくださっているのを最近見つけました。
(自分が現役受験生のときは知らなかったです。。(泣))



②公共政策の入門書をしっかり理解しながら読み読み込む。
(軽重をつけながらトータル3周くらい。)


本を探すときに気をつけたことは、、
・過去問で出題された話題にすべて触れているような本を選ぶ
(これ1冊を読めば、これまでのIAの過去問の設問に対して何かしら書ける!というような本が探しました)
あまり難しい本を選びすぎない(本試験では、本の内容を思い出しながら、引用しながら、
解答を記載することになるので、あまり難しすぎると書きにくいと思います。
公共政策について広く、浅く、わかりやすく記載されている本が理想です。)

私は書店の検索機で、『公共政策』『佐々木信夫』と検索して、8冊くらいざーっと立ち読みして1冊を決めました。
※佐々木信夫さんとは・・都の元職員であり、地方自治を専門とする行政学者の方。
               LECの先生におすすめされました。

読みながら意識したことは、、
・しっかり理解しながら読む
実際に自分が論文に『書く』ということを意識して読む
(この単元は問題になるとしたら、どんな出題形式になるだろうか、だとしたら、どんな答案構成するべきだろうか、
どの内容が答案に活かせるか、と考えながら読む)
・問題として出題されそうな内容については、それまで読んだ内容を頭の中で、ミニ論文に再構成する。
↓↓↓
(例)テーマ『協働』
【これまでの話】これまでの協働の形態・歴史など→【転機・問題】→ライフスタイルの変化→
→【新しい取組の方向性】NPOやボランティアが注目される→【実際に行われている政策例】都の取組


③LECの単科講義『都 I A公共政策ファイナルアンサー』を受講

この講義は東京都I類A『公共政策』試験専用の対策講義となっており、
都政のプロ新谷先生が、特に出題可能性が高いと考えられる3テーマについて、
解説模範解答をつけてくださっています。

私は、この模範解答を見て、本試験では、どのような文字数で、どのような解答を作成すればいいのか、
雰囲気をつかむことができました。
また、都政に触れながら地方自治制について解説してあるので、ドンピシャで出題テーマが当たらなくても、
なにかしら模範解答を活用して答案を作成することができます!
すがるものが、もうこの講義くらいしかなかったので、マーカーを引きまくりながら、何度も唱えて、暗記しました。
私は、このテキストの内容で解答用紙1枚くらい答案を埋めることができました!


そして、、この公共政策ファイナルアンサー、
今年も開講が決定しました!!

■受講形態:
通信(Web動画・音声ダウンロード・スマホ)のみ

■web配信日:
2015/4/29(水)

■販売開始日:
2015/3/13(金)

■受講料(税込):
一般価格:10,000円
大学生協・書籍部価格:9,500円
代理店書店価格:9,800円

お申込は新宿エルタワーでも承っています!!

詳しくは、こちらの『都 I A公共政策ファイナルアンサー』の欄をご確認ください!
2015.03
16
Category : 特別区
こんにちは

ブログが少しあいてしまいました。。。
すみません。

さて、タイトルの通り、もう特別区志望の方はご存知かと思いますが、先日試験内容の詳細と採用予定数などが発表されました!詳しくは特別区人事委員会採用試験情報をご参照ください(こちら

試験内容は昨年発表されたものと変わりないので、大きな変更点はないと思われます。

ただ、事務職採用に関してになりますが、採用予定数が大幅に増加しました!!
昨年、830名からの930名です!この100名増は非常に嬉しいニュースです


その他、23区と3組合の採用予定数も細かく発表されたので、一覧をご確認ください

特別区採用予定数の推移(25年度→26年度→27年度)

25年度   26年度27年度昨年からの増減
全体780830930+100
千代田区202428-4
中央区212323±0
港区341835+17
新宿区403536+1
文京区142144+23
台東区304146+5
墨田区222312-11
江東区184038-2
品川区272642+16
目黒区202722-5
大田区725066+16
世田谷区647566-9
渋谷区252022+2
中野区173846+8
杉並区272330+7
豊島区304243+1
北区494745-2
荒川区252627+1
板橋区554862+14
練馬区757575±0
足立区372540+15
葛飾区303739+2
江戸川区(※単願のみ)304045+5
人事厚生組合若干名若干名
競馬組合若干名若干名若干名
清掃組合若干名若干名若干名

※空欄の人事厚生組合に関しては、今後採用が必要となった場合に行う可能性があるとのことです。


昨年から比べると、港区、文京区、品川区、大田区、板橋区、足立区は大きく増加しています。
逆に、志望する人が多くいる、墨田区や世田谷区が例年よりも減少しています。

このあたりも気をつけて、4月8日(水)開始の申込みまでに、志望3区を考えていきましょー!!


それでも、まだ迷う、どう決めていったらいいかわからない、など不安があると思います。

そういう方は、ぜひ、下記の講座に参加してください
LEC生は無料ですよー!!

『東京都特別区試験制度&志望3区選択講座』
3月24日(火)16:30~18:30
@水道橋校
担当:新谷講師


Web配信日 3月25日(水)20:00頃を予定

◎受講料
LEC公務員コース受講生以外の方
一般価格大学生協・書籍部価格代理店書店価格
5,000円4,750円4,900円


受講生でも申込は必要なので、お忘れないようにしてくださいね!!
新宿エルタワー本校でも申込は受け付けています

情報は少しでも多い方がいいですよ
それでは、引き続きがんばりましょー!!