RSS
Admin
Archives

LEC新宿エルタワー本校 公務員情報ブログ

新宿駅西口徒歩3分の公務員予備校、LEC新宿エルタワー本校の公務員情報ブログです。都内と関東圏の公務員試験情報をどんどんお届けします。

プロフィール

LEC新宿エルタワー本校

Author:LEC新宿エルタワー本校
~公務員受験生集まれ!~

公務員試験予備校、LEC新宿エルタワー本校の公務員情報ブログです。

合格者の勉強方法から最新の受験情報・面接対策まで、たくさんの情報をお送りしています。

★LEC新宿エルタワー本校★
〒163-1518
新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー(受付18階)

JR線新宿駅西口より徒歩3分。
西口地下街を直進(右手に小田急エース北館)、つきあたり(スバルビル)を右に曲がる。エスカレーターで2階エレベータホールへ。
B12-21エレベーターを利用。
電話番号:03-5325-6001

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログアクセス数
検索フォーム
リンク
自治体採用HPリンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.03
17
Category : 東京都庁
こんにちは、

今日は僭越ながら、東京都I類A専門試験科目『公共政策』の勉強法について
記載させていただこうと思います。

公共政策のお話をする前に、まず、東京都I類Aの専門試験概要を説明すると
東京都I類Aの専門試験は記述試験で、
5題(公法、民事法、経済原論、公共政策、財政学)のうちから1題を選択し、
2時間半で解答する試験です。

解答用紙は1000字程度記入できるものが6枚配られます。
もちろん、6枚全てを埋めるのが理想なのですが、
私は先生に『3枚書ききって、4枚目に突入してれば、文字数による足きりはない!!』
といわれたので、それを信じて、なんとか4枚目まで書ききりました。

東京都I類Aの専門試験は高度な専門性が求められるので、
公法、民事法はロースクール生や法律系の大学院生でないと歯が立たないと言われていますし、
経済もI類Bの専門記述の知識程度では到底書ききれない問題になっています。

そこで、私のような学部卒生の多くが選択するのは、『公共政策』です。

本来であれば公共政策学も、公共政策大学
院で学ばれている科目なので、
決して簡単な科目ではないのですが、
IAの試験に関してのみいえば、他教科に比べて書きやすいものとなっています。

で、肝心な対策方法なのですが、
公共政策は公務員試験のメジャーな科目ではないので、
体系的な知識を入れることを目的とした、予備校の講義や参考書はありません。
昨年の合格者の中には、『対策のしようがなかったから、特に対策しなかった』
という人もいたくらいです。

そんな中で私の対策方法は、、、

①全ての過去問に目を通し、今の実力でどの程度書けるか、
それぞれの解答を想像してみる。
そして、全く歯が立たないことを思い知り、焦る。


※IAの専門試験の過去問は、こちらのHPでどなたかが公開してくださっているのを最近見つけました。
(自分が現役受験生のときは知らなかったです。。(泣))



②公共政策の入門書をしっかり理解しながら読み読み込む。
(軽重をつけながらトータル3周くらい。)


本を探すときに気をつけたことは、、
・過去問で出題された話題にすべて触れているような本を選ぶ
(これ1冊を読めば、これまでのIAの過去問の設問に対して何かしら書ける!というような本が探しました)
あまり難しい本を選びすぎない(本試験では、本の内容を思い出しながら、引用しながら、
解答を記載することになるので、あまり難しすぎると書きにくいと思います。
公共政策について広く、浅く、わかりやすく記載されている本が理想です。)

私は書店の検索機で、『公共政策』『佐々木信夫』と検索して、8冊くらいざーっと立ち読みして1冊を決めました。
※佐々木信夫さんとは・・都の元職員であり、地方自治を専門とする行政学者の方。
               LECの先生におすすめされました。

読みながら意識したことは、、
・しっかり理解しながら読む
実際に自分が論文に『書く』ということを意識して読む
(この単元は問題になるとしたら、どんな出題形式になるだろうか、だとしたら、どんな答案構成するべきだろうか、
どの内容が答案に活かせるか、と考えながら読む)
・問題として出題されそうな内容については、それまで読んだ内容を頭の中で、ミニ論文に再構成する。
↓↓↓
(例)テーマ『協働』
【これまでの話】これまでの協働の形態・歴史など→【転機・問題】→ライフスタイルの変化→
→【新しい取組の方向性】NPOやボランティアが注目される→【実際に行われている政策例】都の取組


③LECの単科講義『都 I A公共政策ファイナルアンサー』を受講

この講義は東京都I類A『公共政策』試験専用の対策講義となっており、
都政のプロ新谷先生が、特に出題可能性が高いと考えられる3テーマについて、
解説模範解答をつけてくださっています。

私は、この模範解答を見て、本試験では、どのような文字数で、どのような解答を作成すればいいのか、
雰囲気をつかむことができました。
また、都政に触れながら地方自治制について解説してあるので、ドンピシャで出題テーマが当たらなくても、
なにかしら模範解答を活用して答案を作成することができます!
すがるものが、もうこの講義くらいしかなかったので、マーカーを引きまくりながら、何度も唱えて、暗記しました。
私は、このテキストの内容で解答用紙1枚くらい答案を埋めることができました!


そして、、この公共政策ファイナルアンサー、
今年も開講が決定しました!!

■受講形態:
通信(Web動画・音声ダウンロード・スマホ)のみ

■web配信日:
2015/4/29(水)

■販売開始日:
2015/3/13(金)

■受講料(税込):
一般価格:10,000円
大学生協・書籍部価格:9,500円
代理店書店価格:9,800円

お申込は新宿エルタワーでも承っています!!

詳しくは、こちらの『都 I A公共政策ファイナルアンサー』の欄をご確認ください!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント