RSS
Admin
Archives

LEC新宿エルタワー本校 公務員情報ブログ

新宿駅西口徒歩3分の公務員予備校、LEC新宿エルタワー本校の公務員情報ブログです。都内と関東圏の公務員試験情報をどんどんお届けします。

プロフィール

LEC新宿エルタワー本校

Author:LEC新宿エルタワー本校
~公務員受験生集まれ!~

公務員試験予備校、LEC新宿エルタワー本校の公務員情報ブログです。

合格者の勉強方法から最新の受験情報・面接対策まで、たくさんの情報をお送りしています。

★LEC新宿エルタワー本校★
〒163-1518
新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー(受付18階)

JR線新宿駅西口より徒歩3分。
西口地下街を直進(右手に小田急エース北館)、つきあたり(スバルビル)を右に曲がる。エスカレーターで2階エレベータホールへ。
B12-21エレベーターを利用。
電話番号:03-5325-6001

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログアクセス数
検索フォーム
リンク
自治体採用HPリンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.02
19
Category : 日常
こんにちは!!

本日は特別区のK-FORUMが水道橋本校で行われます!
合同説明会の前に特別区の人事委員会の説明を聞いてイメージを膨らませて下さいね!!!


さて、本日は教養論文についてです。
教養論文講座の授業が始まっています。
もう第1回の提出を終えた方もいるでしょう。

実際に書いてみてどうですか?論文は。
意外と難しいでしょ。
私は大学時代論文を良く書いていました。
1500時程度の論文なんか毎週書いてました。(その分テストが無かったv(o゚∀゚o)v)
それでも、公務員試験の論文は上手く書けませんでした。
手で書かなくてはいけないこと、政策をいれていかなくてはいけないこと、論文を書くにしても細かい指定があり、
だんだん自分が何を書いているのか分からなくなりました。
その結果、意味不明な表現をしていたり、論理的に話の流れができていなかったりした論文を書いてしまっていました。

そんな私がある程度高順位で合格することが出来たのか。

①何度も手直しをしていた
添削ありの人は添削した結果が返ってきます。
その添削が帰ってきてから手直しを多くて7回しました。(直すのはもちろんパソコンになりますが、データは上書きではなく名前をつけて保存にして下さいね!)
1度きりなおしたところでいい論文にはなりません。
何度も担任からオッケーがもらえるまで手直しをしましょう。

②出された課題は全部やる
私は野村先生の論文対策講座をとっていましたが、
1回の授業で2つの課題が出ます。そのどちらかの論文を書き、提出するようになっていますが、私は両方やりました。
もちろん期限内に提出するのは1つでその後もう1つを書く、というスタイルでしたが。
そのため、「1週間に1つ書く」くらいのペースでやっていました。
結局、論点を増やしていかなくてはならないので、いつ論点を増やそうが勝手です。
最後の追い込まれて、必死で用意するような状況が嫌なのであれば今のうちからしっかりやりましょう。

③友人と時間を計り、書く練習をした後に添削をしあう
私は何人か友人と一緒に本番とどうようの時間を計り、後に添削し合っていました。
そうすることによって、自分が目についていなかった政策に気付くことが出来ますし、書き方や言い回しなど知識として増やしていくことが出来ます。
これは論文講座が終わってからなので、4月とか5月にやっていました。
一緒に論文講座をとっている友人とかと一緒に練習するといいかもしれません。


しっかりと論文の準備をすることで、どんな状況にも対応出来る様になります。
どういうこと?と思うかもしれませんが、
今年度の特別区の論文課題は「ワークライフバランス」と「アウトソーシング」でした。
私はこの2つの論文を全く準備しておりません。
しかし、書き方や政策を総まとめして、上手く書くことが出来ました。
そして、多摩市は「マイナンバー制度について」
最初はマイナンバーのことが分からなすぎて、笑いがこみ上げてきましたが
しっかりとカバーをしながら論点を抑えた論文を書くことが出来ました。

論点をいくら準備しても、全然違う課題が出てくる可能性はあります。
しかし、それをクリアしなくてはいけないので
しっかりと論文の書き方の基礎を抑えること、イレギュラーにも対応出来る様に知識を蓄えておくことが必要になってくるかと思います。
当日の試験にならないとどんな課題が出されるか分からないので、用意周到に準備しましょう!!!



*明日ある公務員フェスは基本的にこれから受講を考えている新規の方向けです。
受講生の方が参加できるのは16:00からの新人政令市職員に聞く、入庁して感じたこと
のみですので気をつけて下さい。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント