RSS
Admin
Archives

LEC新宿エルタワー本校 公務員情報ブログ

新宿駅西口徒歩3分の公務員予備校、LEC新宿エルタワー本校の公務員情報ブログです。都内と関東圏の公務員試験情報をどんどんお届けします。

プロフィール

LEC新宿エルタワー本校

Author:LEC新宿エルタワー本校
~公務員受験生集まれ!~

公務員試験予備校、LEC新宿エルタワー本校の公務員情報ブログです。

合格者の勉強方法から最新の受験情報・面接対策まで、たくさんの情報をお送りしています。

★LEC新宿エルタワー本校★
〒163-1518
新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー(受付18階)

JR線新宿駅西口より徒歩3分。
西口地下街を直進(右手に小田急エース北館)、つきあたり(スバルビル)を右に曲がる。エスカレーターで2階エレベータホールへ。
B12-21エレベーターを利用。
電話番号:03-5325-6001

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログアクセス数
検索フォーム
リンク
自治体採用HPリンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.03
14
Category : インタビュー
森山先生のインタビューつづき
------
森山先生2
(少し画質が荒くてごめんなさい。。)

それでは、これは絶対知っていてほしいな!というはありますか?

戸籍や戸籍の付表がありますが、役割や記載の仕方などは知っていてほしいです。

法務局の方とはただ申請を出すだけではなく、打ち合わせとかされますよね?

そうですね。申請をする段階で(法務局の方と)打ち合わせをしますね。それが司法書士のメーンの業務です。
例えば、この会社がこういったことをやりたいと言っているけれども、目的にこういうこと書いていいかと事前に相談します。
その登記機関がはねてしまうこともあるので、事前にこういう申請出しますが良いですかと(法務局の方と)相談します。
商業登記の場合は、会社が新しい会社作りたいと言って、こういうことやりたいんだ!と言ってもその目的が認められないことも結構あります。例えば、最近は結構緩やかになって来ましたけれど、昔はITやDVDの販売などはだめでした。

えっ!そうなんですか。じゃあIT会社っていうのは本当に最近できたんですね。

そうそう、ITの会社はありますけど、目的にコンピューターのなんとかなんとかなど、カタカナで書かないといけなかったので、ITという言葉自体が認められたのは最近です。

その世間では出回っているような言葉も認めてもらえてないと、噛み砕いて具体的に書かないといけないのですね。

そうです。ただ、お客さんにとってはIT企業と言いたいので、そうすると、イミダスや広辞苑を持って行って「載っているじゃないか」と交渉するとかもあります。
だから、逆に言うとこっちのできることは事前に(法務局の方と)すり合わせておいて、お客さんに迷惑を掛けないということです。

その打ち合わせは基本的には円滑に進むんですか?

そうですね。
ただ、役所は必ず各自治体にありますが、法務局はいくつかの市をまとめて1つだけのところが多いです。例えば、某法務局もそのあたりの市町村を10個も20個も管轄しています。そんなに人数が多くないですし、登記機関も少ないです。相談係もご年配の方が一人でやっていたりして、不在の時間があったり、役所なんかと違って人が足りないなという感じはありますね。

それでは、今までの手続等で円滑に進まなかったことについて、これはどうにかしてほしいなと思ったことはありますか?これはさすがに困ったなといったエピソードがあればお願いします。

登記簿に申請した内容と違った内容を記載されたことがありますね。
一応、法務局が間違えた場合には職権で訂正してくれます。けれども、一度登記簿に書いたことは法律上どうしても消せません。なかなか戸籍もそうですが、一旦間違えたものは「更正」とは書かれますけれど、きれいにはならないです。不正の温床になるからです。

そうなのですね。あまり登記に親近感がありませんが…

そうですよね。司法書士自体も知らない人が多いですからね。
行政書士は行政の書士だから、市役所や公務員の一般的な方と付き合います。けれど、司法書士は市役所以外で言うと法務局、裁判所ですからね。
裁判所での仕事も、競売係の人に競売の申立てをしたり、裁判の代理権があるので裁判をしたりします。弁護士のように裁判ができます。ただ、裁判は140万以内の簡易裁判所という訴訟です。例えば、今良くやっているのは過払い金請求の訴訟などですね。
過払い金の訴訟は弁護士でも司法書士でもできますね。

業務内容は結構幅広いですね。さらに知識も深くないといけないと思いました。
その方たちと一緒にお仕事をするとなれば、やはりそれ相応の知識を公務員も持っていないと話がかみ合わないなんてこともありそうですよね。


電話でやりとりをしていて埒が明かない!ということはありますよね。分かる人に代わってもらいますが、個人個人によりますけれどなかなか代わってくれないですね。特に、古い戸籍の関係で探してもらえないとなどがあります。

今の話を踏まえて、公務員に今後こういった能力が必要とか、知識を持っていて欲しいなとかありますか?

まず、その部署によって専門的な知識を研修などで身につけて欲しいですね。
それから、相手を思いやってコミュニケーションしてくれる能力ですよね。やっぱり相手が何を求めているのかって言うのを考えてくれれば知識を補うことができると思います。

改めて自分が勉強不足だなと実感しましたが、コミュニケーション能力が必要というのを聞けたのは良かったと思います。
実際に、コミュニケーションを取って、相手が何を求めているかというのを聞いていかないとなかなか大変だろうなと思いました。円滑に仕事を進めるためにもこの能力は必要ですね。


その辺、是非よろしくお願いします。

はい。本日はお時間頂きありがとうございました。


------

いかがでしたでしょうか?
面接試験でも重要視されているコミュニケーション能力は、実際の業務でも必要ということですよね。
行政サービスをしっかり提供し、自身の仕事も円滑に進めるためにもコミュニケーションをしっかり取って仕事ができるようにしたいですね!!
公務員だってやりがいありますよ!
まだまだ勉強はこれからですが、頑張って下さい(*・`ω´・)ゞ
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント